週末は、5本企画書を作り、各クライアントに提出しました。

M社さま(クリニック)
WEBサイトとクイズコンテンツを連動した企画

K社さま(税理士)
クイズとは全く異なるセミナー、講座企画

P社さま(一般企業)
集客用のクイズ企画

M社(新聞社)
現在連載中のクイズ雑誌の新企画

J社(社内報)
現在連載中の社内報クイズ制作の新企画

どれも大きな要望はお聞きしていたので、
個別の落とし込みをして、
要望の実現につながる手法を提案したものです。

私は、新しい企画は

・頭の中にイメージがあっても文字にしないと伝わらない

・文字だけでは、全体像がイメージできないため、要望を実現するものなのか分からない

・全体の流れを文字と画像で伝えると理解しやすい

・ベンチマークとなるサービスがあるとクライアントにも伝わりやすい

・過去の実績があるとイメージしやすい

・1種類提案するよりも、複数の方法を提案するとクライアントも選びやすい

と考えています。

1つの大きなプロジェクトを実現するにも、手法は複数あります。

そのうち1つでも採用されれば
ブラッシュアップをして企画を進めます。

仮にA社で企画が実現できなくても
B社に提案することで採用されることもあります。

新しいことを考えることは、ワクワクしますね。

最高の脳トレーニングだと思います(^^)




 

book17dt

bookall

  • 家事分担
  • 高校推薦入試 集団討論対策
  • 東京国税局管内納税貯蓄組合連合会優秀賞
  • ピアノ発表会
  • 大量の写真データを整理するには?
  • 詐害行為とは?
おすすめの記事
クイズ制作編集後記
どうしても見たい番組があるときは 録画して、2倍速で見ています。 子どもたちも、一度みたアニメは 2倍速で見るようになりました。 ストーリー...
クイズ制作編集後記
長男が1週間熱で寝込んでいました。 やっと直ったと思ったら、次は次男が熱をだしています。 この順番で行くと、妻 → 私という流れです。 朝晩...