クイズ制作のお仕事で、お客さんに企画提案をするとき

相手の漠然とした要望をイメージした上で企画を提案する方法

相手の細かなニーズや要望を聞き出してから企画を提案する方法

があります。

面識が少ないお客様や新規のお客様に対しては、後者のほうが見当違いの提案にならないですみます。

何度も話をしていて、前提の要望が分かっているのであれば、
前者の方が、新たな意見やアイディアがでたり、具体的な話として進みやすくなります。

どちらにしても会って話をすることが大事ですね。

会って話をする場合でも、

何もたたき台を出さずに手ぶらでいく

のと

過去の実績やアイディア・企画案を持って行く

のでは大きな差になります。

アイディアや企画案は最初は深くまで作り込まず
箇条書きベースでもよいでしょう。

・今までの提案内容で保留になっているもの
・現在進行中の進捗報告
・新たなアイディア案

などをもっていくと、具体的な話になることでしょう。




 

book17dt

bookall

  • 家事分担
  • 高校推薦入試 集団討論対策
  • 東京国税局管内納税貯蓄組合連合会優秀賞
  • ピアノ発表会
  • 大量の写真データを整理するには?
  • 詐害行為とは?
おすすめの記事
クイズなぞなぞのテレビ番組
クイズ$ミリオネア 1998年イギリスで制作された『WHO WANTS TO BE A MILLIONAIRE?』の完全日本版。 知識と運が...
フェイスブック
計算式が成立するようにマッチ棒を1本移動してください。 答えは1つとは限りません。 前回の出題はこちら 89+12=46? 関連記事 64-...
ボケ防止と脳トレ
ボケを防止するためによく取り上げられるのが、マジック(手品)です。 見るほうではなく、実際に演じる方ですね。 手品の効果は次の点が考えられま...
クイズ制作編集後記
クイズ制作のお仕事で、お客さんに企画提案をするとき 相手の漠然とした要望をイメージした上で企画を提案する方法 と 相手の細かなニーズや要望を...