強育パズル 3 たし算計算ブロック初級編強育パズル 3 たし算計算ブロック初級編
宮本 哲也
ディスカヴァー・トゥエンティワン 刊
発売日 2004-11

1,2に引き続きおすすめ 2004-12-20
 強育パズル&合格パズルシリーズに共通していることとして、解く人(子供)の計算を行った回数と比較して、答え合わせをする人(親)の手間がほとんど要りません。強いて言うなら、「解けた!」という言葉を聞けば、答え合わせの必要がないくらいです。(勘違いの場合を除いて)
 その上、子供は1桁の足し算が50問書かれた宿題は、しぶしぶですが、同じくらい計算を要するこのパズルには、飛びついてきます。さらに、何とかクリア(ゲーム感覚で)しようと、粘り強く考えるようになってきたと感じます。
 強いて欠点をあげるとすれば、子供が喜んで解くので、1冊がすぐ終わってしまうことです。もっと問題数を増やしてほしい!!せめて1冊(約50題あります)に100題ぐらいあるといいのですが。

さらに詳しい情報はコチラ≫




 

book17dt

bookall

おすすめの本の関連記事
  • 営業電話でアポイントを取る方法
  • 40歳の教科書
  • 何かをやめることでやるべきことが見つかる
  • 会話の真の目的は「元気になること」
  • おもしろい話をするよりも おもしろい話をしてもらうことをめざす
  • 野村克也さんの本が発売「凡人を達人に変える77の心得」
おすすめの記事
百ます計算ソフト
拡大ボタンを押すと表示画面が大きくなり、 縮小ボタンを押すと表示画面が小さくなります。 問題のみ印刷ボタンを押すと、加算・減算・掛け算の問題...
右脳左脳を鍛える趣味講座
現在、ある出版社さんで歴史地理パズルの本を制作中です。 小学生向けの5巻セットでかなり面白い仕上がりになっています。 出版は来年2月。 夏か...
クイズ制作編集後記
昨日は、長男の幼稚園の父親参観でした。 子どもと一緒に工作をしたり、 ボール遊びをしたので楽しい1日でした。 毎年この時期に、幼稚園での姿を...
クイズ制作編集後記
家事の分担票を作って、日付ごとに レ点を入れるようにしています。 分担といっても、兄弟間で少し関連するようにしています。 三男が洗濯物を畳む...
ボケ防止と脳トレ
パソコンやスマートフォンの普及により、私たちの生活はどんどん便利になっています。 その一方で、文字を書く時間が昔にくらべ極端に減っています。...