交通事故は一生のうち、何度もあうものではありませんね。

むしろ交通事故の被害にあいたくないものです。

私は2度交通事故にあったことがあります。
1回目はタクシーと2回目は自転車同士でした。

幸いどちらも軽傷ですみましたが軽い打撲程度でも、車とぶつかったときの衝撃と瞬間の映像は今も覚えています。

大きな事故になるほど精神的にも肉体的にも大きなダメージになると想像できます。

その状態で、相手方の保険会社と示談交渉をしなければなりません。

大事なのは、安易に示談をしないこと。

私の交通事故の場合は、幸い軽いものでしたが保険会社の提示額で示談しました。

しかし、大きな事故になればなるほど、安易に示談してはいけないそうです。

慰謝料には相場がある?

保険会社が「これが当社の基準の上限です」と言ってきても、それは保険会社の基準であり、弁護士基準や裁判基準と比較すると大きな隔たりがあることが多いようです。

交通事故の示談金は、

保険会社基準<弁護士基準<裁判基準 という関係があり、

弁護士が介入することで、保険会社から提示される金額も上昇するようです。

弁護士が被害者のために動いてくれるケースが後遺障害等級がついているものや弁護士費用特約がついている場合などに限られるようです。

弁護士さんも仕事として被害者のために動くためには、労働の対価をいただかないと動けないので、仕方がありません。

とはいえ、提示された示談金が相場と比べて高いのか、低いのかを調べるには、弁護士に相談するのがよいでしょう。

交通事故の示談金の相場や慰謝料については、こちらの記事が役立ちます。
交通事故の慰謝料の相場と調べる方法




 

book17dt

bookall

  • 家事分担
  • 高校推薦入試 集団討論対策
  • 東京国税局管内納税貯蓄組合連合会優秀賞
  • ピアノ発表会
  • 大量の写真データを整理するには?
  • 詐害行為とは?
おすすめの記事
フェイスブック
計算式が成立するようにマッチ棒を1本移動してください。 30秒以内に分かった人はお友達に出題して自慢しましょう(^^) >マッチ棒計算クイズ...
クイズの解答
1.めざとい 2.ひっぱく 3.たたき 4.一日千秋 5.栄枯盛衰 6.自惚れる 7.白湯 8.扶持 9.踵 10.疎い 関連記事 今週の漢...
クイズ制作実績
金融広報委員会の広報誌「くらし塾 きんゆう塾」で連載しています。 今回は「年金制度」について。 30ページに掲載されています(^^) くらし...
クイズ制作編集後記
こどもが落書きをしていたので少し手伝ってあげました。 できた! 「膝が笑う」(^_^) 疲れて膝がかくかくして、1歩を踏み出すのがつらい状態...
右脳左脳を鍛える趣味講座
週末に大学時代の友人とテニスの約束をしていたので、 テニスシューズで自宅を出発。 途中の駅で右足の靴に違和感があり、 確認したところ、かかと...