債権譲渡とは、債権をその同一性を変えずに債権者の意思によって他人に移転させることであり、それを契約書として書面として残す場合に、債権譲渡契約書を締結します。

契約を締結するわけですから、法的に不備があったり、自分が不利になる条項が盛り込まれていると大変です。
そうならないためにも、リーガルチェックを受けた債権譲渡契約書を締結したいものですね。

債権譲渡契約書作成を弁護士に依頼するメリット

法的な不備や不利な条項が入らないように作成してもらうことができます。

ヒアリングにより自社を有利にする条項を盛り込むことができることがあります。

債権譲渡契約書作成を弁護士に依頼するデメリット

弁護士へ支払う費用がかかる

法的なアドバイスをもらうわけですから当然ですね。

その他の方法としては、債権譲渡契約書の雛形を使用することが考えられます。

誰が作ったか分からない書式ではなく、弁護士監修の書式であれば安心ですね。

債権譲渡契約書の雛形はこちら




 

book17dt

bookall

  • 家事分担
  • 高校推薦入試 集団討論対策
  • 東京国税局管内納税貯蓄組合連合会優秀賞
  • ピアノ発表会
  • 大量の写真データを整理するには?
  • 詐害行為とは?
おすすめの記事
無料漢字ドリル
三男(幼稚園児)が予防接種で小児科へ行きました。 先生の前で「注射ってなんだっけ?」と一言。 先生も看護婦さんも大笑い。 注射針が刺さって数...
クイズ制作編集後記
先週からカブトムシを飼い始めました。 昨夜子どもを寝かせつけるために本を読んでいました。 2人の子どもの目が細くなり、もう少しで眠りに つき...