<教育技術MOOK>陰山メソッド 徹底反復「書き順プリント」小学校1・2・3年” align=”left” hspace=”5″ border=”1″ width=”140″ width=”99″><教育技術MOOK>陰山メソッド 徹底反復「書き順プリント」小学校1・2・3年</a><br />陰山 英男<br />小学館 刊<br />発売日 2003-03-28<br /><br clear=

一日一文字の習慣化 2005-02-01
学校で教わる順番とはかなり異なっていますが、一文字につきを7マスしか書く欄がないので、子どもの負担になりません。低学年では、それほど複雑な漢字はないので、7回書けば、だいたい覚えてしまうようです。
各学年の全漢字音読という2ページ分の文章の羅列がありますが、これは、いまひとつヒットしませんでしたが、こと書き取りという面においては、左側に手本が並んでいるせいか、漢字ノートなどに書き取りするより、ずっときれいな文字を書くことができます。
おやつを待つ時間などを利用して、チョコット学習に利用しています。

安い、手頃! 2003-05-26
 「百ます計算」といっしょに買いました。このプリントは、他のレビューアーの方もとりあげていますが、ますの左側に常にお手本があること、点線で十字が入っていることが特徴です。そして、最初に音読のページがあり、書き取りと連動しているのがいいですね。 小2の娘もさっそくやり始めました。

正しい書き順できれいな字を! 2003-05-17
ただ書き順を覚えるだけでなく、「きれいな字」で書けるようになりたい。そう思いませんか?
このプリントは、練習のマス目の左側にお手本が書いてあり、マス目に4分割の点線が入っているので、字のバランスを考えながら、練習できます。
お子さんだけでなく、親御さんもペン習字のつもりで一緒に練習してみるのも良いかもしれませんね。また、「全漢字音読」も収録されていますので、まずはそれを音読し、読めるようになってから書きかたを練習すると、効果的だと思います。
紙の質がわら半紙の様なのがちょっと不満です。
これで漢字を習得した後、「徹底反復漢字プリント」に進み、更なる熟語の習得をされると良いと思います。我が家もこれからがんばります!

さらに詳しい情報はコチラ≫




 

book17dt

bookall

おすすめの本の関連記事
  • 営業電話でアポイントを取る方法
  • 40歳の教科書
  • 何かをやめることでやるべきことが見つかる
  • 会話の真の目的は「元気になること」
  • おもしろい話をするよりも おもしろい話をしてもらうことをめざす
  • 野村克也さんの本が発売「凡人を達人に変える77の心得」
おすすめの記事
クイズ制作編集後記
先週は、40名以上の方に名刺交換をする機会が ありました。 教職員の方や会社経営者の方々から いろんな話を聞かせていただいたり、 私のクイズ...
右脳左脳を鍛える趣味講座
2〓3歳児が自分でトイレに行くことを 習慣づける「○○じろう」の教材があります。 これはボタンを押すと、BGMとともに「○○じろう」が 「が...
クイズ制作編集後記
先日、長男が中学校から 1通の手紙を持ち帰ってきました。 「入選通知並びに表彰式のご案内」 どうやら夏に提出した中学生の「税についての作文」...
日本地図で覚える都道府県の県庁所在地クイズ
趣味からはじめる雑学第7問! 福島県の県庁所在地は? 「ふくしまし」 ↓ 漢字で書くと 「福島市」です。 福島県の公式HPはこちら 福島県庁...
クイズ制作実績
金融広報委員会の広報誌「くらし塾 きんゆう塾」で漢字矢印クイズの連載しています。 今回は「年金制度」について。 30ページに掲載されています...
百ます計算ソフト
百ます計算のマスに数字を入力していくと 画面右側で自動で答え合わせをしてくれます。 ○が正解で、オレンジ色のセルが不正解を意味します。 10...