クイズ制作とボケ防止・脳トレの関係

クイズ制作のご依頼をいただく場合、

●既存のコンテンツを再利用してもいいから低価格で抑えてほしい

というリクエストの場合と

●多少費用がかかってもいいので、新しいコンテンツを作ってほしい

というリクエストがあります。

特に新聞やニュースレターなどの連載の場合は、
新しいジャンルで読者層にあったコンテンツ案をご相談いただきます。

●幼児向けの雑誌なので、図形を多めにしてシンプルなものにしたい

●中高年向けの会報誌なので、漢字パズルを入れてほしい

●高齢者向けにクロスワードを作ってほしい

などなど

新しいジャンルのクイズパズル制作では、
既存の情報を斜めから見たり、
逆算して答えを求めるようにするなど
読者さんが楽しめる形にするのに頭をひねります。

クイズやパズルは、ボケ防止や脳トレに良いと言われることがありますが、
解答する立場よりも
出題する立場のほうがより効果が高いのでは?
と考えています。

クイズ制作のお仕事は
与えられた情報から1つの答えを求めるのではなく
未来の多数の読者さんに向けて、
楽しんいただく姿を想像しながら作る
というとてもやりがいのあるお仕事なのです(^^)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
サブコンテンツ
book17dt

bookall

このページの先頭へ