クライアントに選ばれる企画の立て方

クイズ制作のお仕事で、お客さんに企画提案をするとき

相手の漠然とした要望をイメージした上で企画を提案する方法

相手の細かなニーズや要望を聞き出してから企画を提案する方法

があります。

面識が少ないお客様や新規のお客様に対しては、後者のほうが見当違いの提案にならないですみます。

何度も話をしていて、前提の要望が分かっているのであれば、
前者の方が、新たな意見やアイディアがでたり、具体的な話として進みやすくなります。

どちらにしても会って話をすることが大事ですね。

会って話をする場合でも、

何もたたき台を出さずに手ぶらでいく

のと

過去の実績やアイディア・企画案を持って行く

のでは大きな差になります。

アイディアや企画案は最初は深くまで作り込まず
箇条書きベースでもよいでしょう。

・今までの提案内容で保留になっているもの
・現在進行中の進捗報告
・新たなアイディア案

などをもっていくと、具体的な話になることでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
サブコンテンツ
book17dt

bookall

このページの先頭へ