話し方で相手の受け取り方が変わる

締め切り間近になると
週末でも、自宅で仕事を
しなければならない時があります。

幼稚園児の次男は
今までであれば、
仕事部屋に入ってくるなり、

「ポケモンバトルしよ~よ~」

とせがんできました。

そんなときは、

「ごめんね。仕事終わったらね」と言って

一段落するまで待たせていました。

先日は

「仕事終わったら、ボケモンバトルしてね~」

と部屋に入らず、顔だけだして
すぐに1階へ降りて行ってしまいました。

子どもに気を使わせてしまった罪悪感を
感じて、仕事の手をとめ、

「1回だけバトルしようか!」

とすぐに遊んだところ大喜び。
その後の私の仕事もはかどりました。

子どもでも、大人でも
話の切り出し方によって良い印象をあたえたり
逆の印象を与えてしまうことがあります。

大事なことですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
サブコンテンツ
book17dt

bookall

このページの先頭へ