先週、出勤途中に交通事故に遭いました。

駅まで自転車向かう途中、直進している私の自転車前輪に
右折をしてきた年配の女性の自転車が突っ込んできました。

相手は、考え事をしながら、一時停止を無視して
曲がってきたので、私に気づいた時には
ブレーキのタイミングが遅かったのです。

横からの衝撃に私の自転車が倒れ、
私も道の真ん中に投げ出されました。

前後に車がいなかったことや
倒れた時に上手く手をついて受け身をとれたのは
不幸中の幸いです。

とはいえ、利き腕の右手で全体重を支えたので
しばらく痛みとしびれがとれませんでした。

念のため、110番で警察を呼び、
現場検証してもらい事故証明をもらうことになりました。
小さな事故とはいえ、当事者同士は冷静でいられないので
警察に来てもらってよかったです。

その後、妻に車で迎えに来てもらい、自転車と私を
回収してもらいました。

わずかの差で、私が相手に怪我をさせていたかもしれませんし、
車が来ていたら、大参事になっていたことを考えると
恐ろしいですね・・・。

とはいえ、レントゲンの結果、特に骨に異常はなかったので
ひと安心。

運が悪いことが起きるということは、逆にいいことが起きる
前兆と信じて、元気に仕事をしています。