<教育技術MOOK>陰山メソッド 徹底反復「百ます計算」<教育技術MOOK>陰山メソッド 徹底反復「百ます計算」
陰山 英男
小学館 刊
発売日 2002-12-14

子供が楽しんでいます 2004-06-26
いつも指を使って足し算引き算をしていた子供が、二週間で2分を切るようになりました。見ていて苛々したのはほんの3、4日だけで、あとはめきめきと時間を縮め、間違いもほとんどしなくなりました。子供にもっと正確に時間をはかって欲しいとせがまれ、ストップウォッチも買いました。楽しそうに百ます計算をしている姿を見ていると、九九を早く言えるようになったときのことを思い出しました。できる喜びが学習意欲につながることを実感しました。

成果が出てます! 2003-11-26
小6の娘は成績は悪くないのに算数が嫌い。とにかく数字に慣れさせなくてはと思い簡単な一桁の数字が並んで百ます計算を購入。ストップウオッチ片手に初めてのたし算は10分くらいかかりましたが、次の日は6分、いつの間にか目標タイムの2分を軽く超えていました。ひき算、掛け算、割り算と順にやっていくわけですが、学校の算数のテストを見ると慣れた数字が書いてあり、成果が出たなと思いました。先日も地域の料理教室でリンゴをいくつに切るか?という答えをさっと言った娘にビックリです。数字を好きになって算数が好きになって行けば良いと思います。1週間に2回とかでは意味がありません。毎日1ページ必ずやることです。

大人もやってみてください 2003-03-17
はっきりいって半信半疑。
これ系で一番安いのを買っただけでしたが
たしざん14日間を終えてみてその効果に驚きました。
こどもが「計算が速いね」と学校で誉められたのは当然かと思いましたが
思ってもみなかった効果。数字の大きさをそろえて、きれいに書けるようになったのですよ。引き算・かけ算は、大人もいっしょにやってみてください。どれぐらい大変なことかわかるはず。
そして、頭の働きが滑らかになっていくのに気づくはずです。ただし、14日おわったあと、どうしたらいいのか・・・
やっぱり別のを買わなくちゃいけない?

さらに詳しい情報はコチラ≫

 

book17dt

bookall

おすすめの本の関連記事
  • 営業電話でアポイントを取る方法
  • 40歳の教科書
  • 何かをやめることでやるべきことが見つかる
  • 会話の真の目的は「元気になること」
  • おもしろい話をするよりも おもしろい話をしてもらうことをめざす
  • 野村克也さんの本が発売「凡人を達人に変える77の心得」
おすすめの記事
おすすめの本
学校やゼミでは教えてくれない就職 ・就活対策「内定獲得術」が人気です。 なぜ、就職活動がうまくいかないのでしょうか? ・就職氷河期だから。 ...
クイズ制作編集後記
ある企画を形にしていくときに ・タイトルをつけてから、構成を考え詳細を作りこむ ・全体のコンセプト・構成案を考えて、あとからタイトルをつける...
時事用語
大平国際特許事務所 弁理士の大平和幸さんからiPS細胞に関する出題です(^^) ノーベル賞を受賞したiPS細胞ですが、日本、米国、欧州でそれ...
クイズの解答
1.じだにふれる 2.しまつしょ 3.よゆうしゃくしゃく 4.謝恩会 5.離合集散 6.水を得た魚のよう 7.宿場町 8.除虫菊 9.品行方...
日本地図で覚える都道府県の県庁所在地クイズ
趣味からはじめる雑学第25問! 滋賀県の県庁所在地は? 「おおつし」 ↓ 漢字で書くと 「大津市」です。 滋賀県の公式HPはこちら 滋賀県庁...
百ます計算ソフト
百ます計算のマスに数字を入力していくと 画面右側で自動で答え合わせをしてくれます。 ○が正解で、オレンジ色のセルが不正解を意味します。 10...