子供の右脳IQドリル―天才児をつくる (上級編)子供の右脳IQドリル―天才児をつくる (上級編)
児玉 光雄
学研 刊
発売日 2005-03

”誰でも才能が開花する、そのきっかけの本” 2005-06-16
例えば、レンコンの輪切りのような絵が9個あって、ちょっと違う箇所がある’仲間はずれ’を探します。
こんなに綺麗で楽しい一見簡単そうなドリルで、”右脳IQや、子供の独創性が驚くほど高まり、物事に集中できる没頭モードが身につくきっかけになる”との解説なら、わが子にやらせない手はない!!と思ったのですが、実際は本屋で、あまりにも綺麗で楽しげで魅力的なので、子供に「どうしても買ってーー!!」とせがまれて買い、毎日夕飯準備時なのに、夢中になって取り組んでいる子供に延々と付き合わされています。
解答がミスプリ?と思った時もあったのですが、次の日問い合わせする直前に私の頭が固かったことに気付き、恥をかかずにすみました。楽しいクイズで、これで本当に右脳開発出来る(頭がやわらかくなる)なら、子供に限らずやらなきゃ損です!これって、認知症防止や対策にもいいのではないでしょうか?だって、とにかく、誰がやっても楽しいんですから!

さらに詳しい情報はコチラ≫